がん治療で完治をめざすならANK療法が良いかも     


癌治療の専門医 石井クリニック

がん治療の方法として、現在、免疫療法が注目されています。
その中にも、ANK療法と呼ばれる物があります。
このANK療法は、手術後に、がんが再発してしまうのを防ぐ事が出来るのです。
手術をした場合には、血液や、リンパ球等を通して、体の中に、がん細胞が散らばってしまうデメリットがあるのです。
しかし、そこで、NK細胞が役に立つのです。
このNK細胞が、体の中を巡ってパトロールをしてくれるのです。
その働きによって、突然転移をしたり、再発をしてしまうのを、事前に防いでくれるのです。

抗がん剤等が、がんの治療に大きな効果があると言われて利用されているのですけれども、ANK療法を併用すると、それにより、副作用である体の免疫機能を低下してしまうのを防ぐ事が出来るのです。

新日本橋石井クリニックでも、このANK療法が行われているのです。
治療法は、個人個人によって変わりますが、基本的な流れは変わらないと思います。
まず、患者からリンパ球を採取します。
そして、リンパ球を培養します。
それからリンパ球を患者さんの体内に戻すという方法なのです。
熱が出るのですけれども、それは、活性化されたNK細胞が理由です。
それは、効果が出ている証拠と考えれば良いと思います。
すぐに、正常に戻るのです。
治療期間については、患者様、個人個人によって変わっては来ます。

投稿日: